記事一覧

残暑厳しく。

暑い…暑すぎる。
毎日暑すぎて今頃夏バテするんじゃないかとへばりつつ、気づけばもう9月の中旬。
今夜は少し秋に近付いたような。

バテつつ、しかも登場人物が多いのでゆっくりと読み進めていた本を今日読み終わり、これは全体がわかった状態でもう一度読みたいと読み直したら、思わず泣きそうになりました。電車の中なのに。
葉室麟の“いのちなりけり”
うーん、よかった。
葉室さんの作品は“胸をうたれる”ってこう言う事なんだ、と思う様な感動を残すものですね。
バテていた心が潤される思いです。

感動の波に乗って作中の和歌の意味まで調べてしましました。
『春ごとに花のさかりはありなめどあひ見むことはいのちなりけり』
あ、マズイまた泣きそう。
花の盛りは春の度に巡ってくるけれど、それを見る事ができるのはいのちのある間だけ(いのちあってこそ)。
と言う様な意味なのですが、
春の花=桜の事かな?
あひ見る=花と人とが出会うことを表すけど、人と人、男女の出会う意味でもある。
等々色々と深く考えると、長い物語の中の色々な事とのつながりを感じて違った感動も覚えます。

今度は泣いても大丈夫なように家にいる時に読もうっと。
涼しくなればもうすぐ読書の秋ですね

ゆうこ

船を編む

本の話が続いてしまいますが、最近読んで楽しかったのは
三浦しをんさんの“船を編む”。
本当は友達に面白いよって薦められた三浦さんの他の作品を買おうかなと思っていたのですが、何だかど~~してもこっちが気になって先に買ってしまいました。
三浦さんの作品は初めて読んだのですが、読み進めやすいリズムでとても楽しかったし、辞書に対する登場人物達の熱意やおもいにも心揺さぶられます。
読んだことがない作家さんがお気に入りになって増えていくのって嬉しいですよね。
今度こそ薦められた作品を読んでみよう♪

ゆうこ

本屋でふむふむ。

今日も仕事帰りに、面白そうな本を求めてふらふら。
ついつい本屋に引き寄せられてしまいます。

お!ニーチェ?
ぱらぱらとめくってみたらニーチェはワーグナーが大好きだったらしい!
知らなかったよ~。
ニーチェの事は詳しくは知らなかったけど、思いがけないつながりを見つけて楽しくなってきた。
後で調べたら、大好きなワーグナーと関わりを持てたものの、幸せな出来事ばかりではなかったようで。

あ、“ツァラトゥストラはかく語りき”のシュトラウスとは接点あったのかな??
今度本買ってちゃんと読んでみよ。(買ってなかったのかい!!)
・・自分でつっこんでしまいましたが、今は読んでる途中の本があるからとりあえず読んでから~~

祐子

あけまして おめでとう ございます♪

今年も私たちキャトを
よろしくお願いいたします!

さっき仕事のお昼休みに本屋さんに寄ったところ、
かわいいトラ猫の表紙にひかれて衝動買いしてしまいました。
中にも写真がたくさん!

中島らも 著  「とらちゃん的日常」

うふふ♪帰りの電車でさっそく読もう(見よう?)


泉.

3びきの かわいい おおかみ

今日も帰り道に本屋に寄って、おもしろそうなのないかな~とウロウロ。
と、絵本のコーナーに気になる一冊!
『3びきの かわいい おおかみ』
みほんの本が置いてあったので、立ち読みしてみたら、色々な意味で衝撃でした!
“3匹のこぶた”のおおかみとブタが逆の設定になっているのですが、最初に造る家が藁ではなくてレンガ。
それを大きなブタが壊してしまうのですが、ハンマーで叩き壊す!!
次にコンクリートの家をつくったら、今度は電気ドリルで壊す!!

・・・といった絵本とは思えぬ何でもアリな感じに衝撃。でも嫌いじゃない(笑)
どんな結末かは読んだ人の楽しみにとっておきますが、立ち読みしながら何度も笑いそうになりました。
興味のあるかたは是非チェックを♪
 
祐子

本が好き。

子供の頃から、本を読むのが好きでした。
種類もジャンルもこだわらずに、おもしろそうと思ったものを色々読んでいます。
本屋も好きで、よくうろうろしております。
そんなわけで、新しい分類もつくっちゃいました!
宙ちゃん、泉ちゃんにもそのうち好きな本のこととか書き込んでもらいたいなと思っております。うしし。

去年からつい最近まで、ずっと時代物にはまっていて、色々な作家さんのものを読んでいました。
その中でも気に入っていた作品のひとつが冲方丁の天地明察、だったのですが、今日本屋をうろうろしていたら、映画化されるみたい!
自分がおもしろいとおもっていた作品が映画化されるのって、何か嬉しいですね。
万城目学のプリンセストヨトミは若干キャラ設定が変わってて気になりつつも映画はまだ見てない・・・。
天地明察はどうなるかな~

ゆうこ

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ